始動外環道都内区間

始動外環道都内区間・上/国内最大シールド機が発進/大深度・長距離に万全の対策 [2017年2月20日]

 深さ40メートルを超す大深度地下に、国内最大規模(外径約16メートル)のシールドマシンを用いて本線トンネルを構築する東京外かく環状道路(外環道)の都内区間で、掘進作業が始まった。先行する東名ジャンクション(JCT、仮称)側の立坑でマシンの組み立てが完了し、19日に現地で発進式が開かれた。首都圏3環状道路の中でも特に注目度の高い外環道都内区間。多くの曲折を経て本線工事がいよいよ本格化する。
...続きを読む
(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む