人事・訃報

ショーボンドHD/社長に岸本達也取締役昇格/9月28日就任 [2017年8月10日1面]

 ショーボンドホールディングス(HD)は9日、岸本達也取締役経営企画部長兼ショーボンド建設社長が9月28日付で社長に就任する人事を発表した。藤井宗司代表取締役副社長は代表取締役会長に就任。石原一裕社長は特別顧問に就く。
 岸本 達也氏(きしもと・たつや)86年東大工学部土木工学科卒、熊谷組を経て01年ショーボンド建設入社。12年専務近畿圏支社長兼ショーボンドHD取締役、13年専務営業本部長、14...続きを読む

向笠愼二氏(元大林組社長)が死去/優良企業構想を提唱/後日お別れの会 [2017年8月8日1面]

 大林組の元社長で、日本建設業団体連合会(現日本建設業連合会)の副会長や海外建設協会の会長などを務めた向笠愼二(むかさ・しんじ)氏が3日午前5時28分、腎盂(じんう)がんのため死去した。83歳だった。葬儀・告別式は近親者で済ませた。後日お別れの会を行うが、日取りなどは未定。喪主は妻の志津子(しづこ)さん。
 福岡県出身。1957年に東大工学部建築学科を卒業し、大林組に入社。取締役東北支店長、常務...続きを読む

凜/太平洋セメント関東支店技術部・中山莉沙さん/顧客の期待にしっかり応えたい [2017年8月7日14面]

 大学時代は土木学科で水質や土質、構造の基礎を学ぶとともに、競泳や水球などのスポーツにも力を入れてきた。
 就職活動を始めた当初は、幅広い分野から就職先を探していたが、「太平洋セメントの説明会に参加した際、これまで学んできた土木の知識をこの会社で役立て成長していきたいとの思いが強まった」という。
 2014年に入社。最初の2年間は中央研究所(千葉県佐倉市)に勤務し、高強度コンクリートの研究など...続きを読む

凜/IHIインフラシステム堺工場製造部・中村詩織さん/チャレンジ精神忘れずに [2017年7月31日16面]

 「父が土木関連の仕事をしていたことで、小さい頃からダムや橋梁などの大型構造物を見に行く機会が多かった」と振り返る。
 将来は自分でも大きな構造物を造り、人の役に立ちたいと考え、大学では土木を専攻。大学院まで進学し、研究室で橋梁構造を学んだ。就職活動の際には、勉強したことを最大限に生かせる会社に入りたいと考え、IHIインフラシステムを選んだ。
 12年4月に入社し、最初の2年間は設計部門に配属...続きを読む

凜/三井住友建設東京土木支店・鶴見知香さん/かっこいい構造物をつくる [2017年7月24日14面]

 経済学部出身ながら、土木を学ぶ友人に話を聞くうちに建設業に興味を持ち、就職活動はゼネコンに絞ってチャレンジした。
 学生時代に抱いていた建設業のイメージは「かっこいい構造物をつくる人たち」だった。
 昨年、「女性が働きやすい体制が整っている」と志望した三井住友建設に事務系総合職として入社。新東名高速道路の現場で工務係を務める今も、その印象は変わっていない。
 日本の新たな大動脈をつくる仕事...続きを読む

新社長/復建技術コンサルタント・菅原稔郎氏/全員経営で100億円企業へ [2017年7月12日1面]

 総務人事畑出身で、これまでISO認証取得や品質管理、人事考課などの業務に従事。技術者とは異なる立場で経営の一翼を担ってきた。東北では震災復興需要が減少し、建設コンサルタントも新たな受注展開が求められる。本社のある東北(仙台市)だけでなく、関東や中部、関西などにも営業所を置き、広い範囲での受注獲得を目指す。
 --就任の抱負を。
 「当社を含む復建グループ6社は昨年11月に創立70周年の節目を...続きを読む

凜/鹿島東京土木支店・石黒沙英さん/持ち味を生かし現場に貢献 [2017年7月10日12面]

 今年4月、近年有数のビッグプロジェクト、東京外かく環状道路都内区間の「本線トンネル(南行)東名北工事」の現場に配属された。主に品質管理を担当。シールドセグメントが設計通りに納入されているか、部材がきちんと機能しているかといった確認・検査業務に当たっている。「日々姿を変えていく現場を見るたびにやりがいを感じる」と笑顔で語る。
 大学では建設工学を専攻。社会に貢献できる仕事をしたいとの強い思いから...続きを読む

国交省/7月7日付幹部人事発令/次官に毛利信二氏、北海道開発局と6整備局長交代 [2017年7月7日1面]

 国土交通省は7日付で幹部の定期人事異動を発令する。事務次官に毛利信二国土交通審議官が就任するのをはじめ、国土交通審議官に吉田光市官房長、奈良平博史国際統括官が新たに就く。官房長には藤田耕三総合政策局長、総合政策局長には由木文彦住宅局長、土地・建設産業局長には田村計官房総括審議官、官房技術参事官(総合政策、土地・建設産業)には奥谷正国土技術政策総合研究所企画部長がそれぞれ就任する。
 地方部局関...続きを読む

国交省幹部人事/次官に毛利信二氏、土地・建設産業局長に田村計氏起用/7月7日発令 [2017年7月5日1面]

 国土交通省は4日、7日に発令する幹部人事を発表した。退任する武藤浩事務次官の後任に毛利信二国土交通審議官が就任。毛利氏の後任には吉田光市官房長が起用される。官房長には藤田耕三総合政策局長が就く。退任する花岡洋文国土交通審議官の後任には奈良平博史国際統括官が就く。森昌文技監と田端浩国土交通審議官は留任する。=2面に新任幹部の経歴と関連記事
 総合政策局長には由木文彦住宅局長が就き、由木氏の後任に...続きを読む

才賀組/社長に才賀孝司取締役昇格/9月1日就任 [2017年7月4日3面]

 才賀組(東京都新宿区)の次期社長に取締役営業部長の才賀孝司氏が昇格することが決まった。就任は9月1日。建設産業専門団体連合会(建専連)と日本建設躯体工事業団体連合会(日本躯体)の会長職にある才賀清二郎会長と8月末で退く才賀孝二郎社長の役職は今後検討する。
 才賀 孝司氏(さいが・たかし)東京国際大卒。積算事務所勤務を経て07年才賀組入社。15年取締役。東京都出身、44歳。
...続きを読む

笹島信義氏(笹島建設会長)が死去/多くのトンネル施工に実績、世紀の難工事に挑む [2017年7月4日1面]

 多くのトンネル工事の実績を持つ笹島建設の創業者で、映画『黒部の太陽』の主人公のモデルにもなった同社会長の笹島信義(ささじま・のぶよし)氏が1日、死去した。99歳だった。通夜は9日午後6時30分、葬儀・告別式(社葬)は10日午前10時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は孫の昭人(あきひと)氏。=2面に関係者の談話
 1917(大正6)年10月富山県入善町生まれ。43年に26歳...続きを読む

凜/渡辺組工事部/小林絢美さん/机で設計より現場に出たい [2017年7月3日14面]

 手の甲にメモ書きの跡がある。「よく動くので、会社に入ってから痩せました」とほほ笑む表情に、仕事に打ち込む真面目さがにじむ。
 街を歩いていて更地から建物が姿を現していくのが面白くて、建設業界に興味が湧いた。設計関係の専門学校を出て、入社から1年2カ月。学校の先輩も建設業界に就職したので、飛び込むのにハードルは感じなかったという。
 社内では4人の女性社員が現場で働く。「座って机で設計をするよ...続きを読む

国交省人事/次官に毛利信二氏、近く発令/森昌文技監は留任へ [2017年6月30日1面]

 政府が国土交通省の次の事務次官に、旧建設省事務系出身の毛利信二国土交通審議官を充てる人事を固めたことが、29日までに分かった。閣議での承認を経て、近く発令する。武藤浩事務次官は退任する。森昌文技監は留任する見通しだ。
 毛利 信二氏(もうり・しんじ)81年東大法卒、建設省(現国土交通省)入省。官房総括審議官、土地・建設産業局長、総合政策局長を経て、16年6月国土交通審議官。島根県出身、60歳。...続きを読む

新社長/日立建機・平野耕太郎氏/ニーズ捉え最適サービス提案 [2017年6月28日1面]

 3カ年の中期経営計画(17~19年度)が始動したタイミングで経営のかじ取りを任された。世界中の建機需要がいまだ厳しい状況にある中、顧客に寄り添ったサービスの提供に力を入れるとともに、ICT(情報通信技術)や、IoT(モノのインターネット)を活用した生産性向上にも取り組んでいく。
 --就任の抱負を。
 「市場が目まぐるしく変化する中、お客さまの考え方も変わってきている。これまでわれわれメーカ...続きを読む

新社長/飛島建設・乘京正弘氏/技術ベースに事業分野拡大 [2017年6月26日1面]

 責任者として策定に関わった新中期3カ年計画が4月にスタートした。株主総会がある6月29日の社長就任が予定されており、「先頭に立って新中期計画を推進するのが一番の使命」と意気込む。請負を主体とする従来型の建設業から脱却し、自ら顧客に提案してサービスを提供できる企業への変革を目指す。
 --市場動向をどう見る。
 「前の3カ年計画の期間中は、経営環境が好転したこともあり、初年度で数値目標を達成で...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む