論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/恩師の思い出と高倉健さん  [2014年12月1日1面]

 大学の体育の授業で足にけがをし、歩けなくなった友人を自宅に泊めたことがある。風呂なし6畳間の狭いアパートだったが、学校から近かったからだ▼貧乏学生だったので部屋には固定電話がなく、翌朝、大家さんが「電話ですよ」と呼びに来た。誰だろうと思いながら受話器を取ると、けがの具合を心配した体育の先生だった▼確かに前日、先生に「友人を私のアパートに泊めます」と話した時に名前を聞かれた。何の気なしに教えたが、わざわざ学生課で大家さんの番号を調べて電話をくれたのだ。その先生こそ、高倉健さんを映画の世界に導き、健さんが師と仰いだ明治大相撲部の元監督▼この一件以来、先生にはいろいろ相談に乗ってもらった。温厚でいつもにこにこしながら対応してくれた。卒業後も、けがをした友人の結婚式にはるばる大阪まで駆け付けてくれた▼先日、健さんが亡くなり、多くの共演者がそれぞれエピソードを明かした。相手への思いやり、周囲への気配り、仕事への姿勢…。健さんの人柄を表すそれらは、先生の人柄とも重なる。偉大な恩師と先輩に恥じない人生を送らなければ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む