企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

長大、基礎地盤コンサル/土木資材販売に参入/マレーシア企業と提携  [2014年12月1日1面]

 長大とグループ会社の基礎地盤コンサルタンツ(東京都江東区、岩崎公俊社長)は、マレーシアの土木資材メーカー、テン・カータ・ジオシンセティックス・アジア(TCGA)と業務提携した。土木構造物の安定を図るため地盤中に配置する面状、棒状、帯状などの繊維・プラスチック製資材をTCGAから輸入し、日本国内で販売する。11月19日に3社の役員が基礎地盤コンサルの本社で覚書に調印した。
 TCGAは、オランダの熱可塑性樹脂複合材メーカー、ロイヤル・テン・カータの全額出資子会社。1970年代からアジア市場で土木資材の製造・販売を行っている。調印式には基礎地盤コンサルの岩崎社長をはじめ、長大の井戸昭典取締役兼上席執行役員、TCGAのゲハルド・ワーナー社長らが出席した。
 調印後、ワーナー社長は「これまで顧客として付き合ってきた基礎地盤コンサルタンツと今後は仲間として前に進む。われわれにとって新たな喜ばしい一歩だ」とコメント。基礎地盤コンサルの大橋正取締役兼常務執行役員は「土木資材の販売は当社にとって初めての試み。まずは環境関連事業から着手し、新規分野を伸ばしたい」との考えを明らかにした。
 長大と基礎地盤コンサルは、今回の提携を足掛かりに土木資材販売事業の拡大を目指す。販売体制を早急に整備し、建設コンサルタント以外の新領域開拓につなげる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む