企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日立建機/川崎重工グループのKCMを完全子会社化/15年10月  [2014年12月1日1面]

 日立建機は11月28日、川崎重工業グループの建設機械子会社・KCM(兵庫県稲美町、三河内正社長)の全株式を15年10月1日に取得し、子会社化すると発表した。日立建機は、10年6月からKCMに資本参加し、ホイールローダーの共同開発などを行っていた。完全子会社化によって競争力の強化を図る。
 日立建機が保有していたKCM株は34%。残りの66%を川崎重工から取得する。子会社化に伴い、KCM製品の国内販売・サービス事業を行っているKCMJは、日立建機製品の販売・レンタル・アフターサービスの3部門を統括する日立建機日本に事業譲渡される。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む