企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

五洋建設/シンガポール進出50周年祝う/関係者招き現地で記念式典開く  [2014年12月2日1面]

記念式典に出席した村重会長(左から2人目)と清水社長(同4人目)

 五洋建設がシンガポールに進出して50周年を迎え、11月27日に現地で記念式典が開かれた。村重芳雄代表取締役会長、清水琢三社長をはじめ、シンガポール通商産業省・国家開発省のリー・イン・シェン上級国務相、竹内春久駐シンガポール日本大使らの来賓や現地の発注機関、取引先から約400人が出席し、半世紀の節目を祝った。
 同社は、1964年にジュロン造船所発注の岸壁工事を受注して以来、シンガポールで多くのプロジェクトを手掛けてきた。代表的な工事の一つが、得意とする埋め立て工事。ジュロンアイランド&チュアス埋め立て工事などの施工を担当し、国土の約1割、埋め立て地の約4割を同社が施工しているという。
 コンテナターミナルや鉄道、下水道などシンガポールの発展を支えるインフラ整備にも深く関わってきた。同国の新5セント硬貨のデザインにも採用されたエスプラネードシアターなど建築工事の実績も重ねている。今年もセンカン総合病院新築工事を約959億円で単独受注するなど、大型工事を相次ぎ受注した。シンガポールでの躍進が海外事業をけん引し、15年3月期の海外受注高の通期目標(1320億円)を半期で達成。過去最高となる3000億円に目標を上方修正している。
 海外事業向けの自航式ポンプ浚渫船「CASSIOPEIA V(カシオペアファイブ)」が9月に完成し、シンガポールで新しいコンテナターミナルを建設するための大型埋め立て工事の現場に配備するなど施工体制も一段と強化している。複数の地下鉄トンネル工事も進行中だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む