企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井住友建設/ダイバーシティ推進委設置/多様な人材が活躍できる企業風土に  [2014年12月2日3面]

 三井住友建設は、ダイバーシティー(人材の多様化)施策を一段と推進するため、1日付で「ダイバーシティ推進委員会」を設置した。女性、外国人、シニア、障害者などの積極的な登用を図るとともに、多様な人材が活躍できる企業風土の確立を目指す。委員長には永本芳生代表取締役執行役員副社長が就任。月内に1回目の会合を開き、今後の具体的な活動方針などを決める。
 「社員活力の尊重」を経営理念の一つに掲げる同社は、経営トップの強いコミットメント(約束・公約)と社員の意識改革によって多様な人材の登用と、その能力を十分に発揮できる環境づくりを進める。中でも女性の活躍を推進。これまでの男性中心の建設業界のイメージを払しょくし、女性の積極的な進出を促す。すべての社員に対し、ワークライフバランス(仕事と家庭の調和)の実現や、能力を十分発揮できる働きやすい労働環境の整備に取り組んでいく考えだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む