企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

サンケイビル/都心中小ビル、外国人向けホテルに改修/将来の再開発も想定  [2014年12月4日4面]

 サンケイビルは、東京の都心部を中心に既存の中小ビルを取得し、改修した上で外国人観光客向けのホテルとして営業する新規事業に乗りだす。老朽化により競争力が低下したビルを有効活用して継続的な収益を確保するとともに、将来的に新築分譲マンションなどの再開発用地として活用することも想定している。ホテルの企画、設計、運営はUDS(東京都渋谷区、中川敬文社長)に委託する。
 初弾物件として、東京都千代田区に既存ビル(東神田2の8の16、RC造8階建て延べ1005平方メートル)を取得し、12月から改修工事を開始する。1階をカフェとし、2~7階を客室とする。15年4月の開業を目指す。さらに東京都中央区でも、同規模の既存ビル(日本橋久松町4の7)を既に取得している。
 同社が展開するホテルは、カプセル型の1人用寝室に、宿泊者が自由に交流できる共用部を併設した宿泊施設。海外では多くの実例がある業態のため、2020年の五輪開催に向けて増加が見込まれる外国人観光客の宿泊ニーズに合致するとみている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む