工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井不レジら8社グループ/千葉・幕張新都心で大規模開発/総事業費1800億円  [2015年3月31日1面]

敷地17.6万平方メートルに1800億円を投じて新たな街づくりを行う

 千葉県企業庁は、幕張新都心にある大規模未利用地「幕張新都心若葉住宅地区」(千葉市美浜区若葉3ほか)を、三井不動産レジデンシャル(代表企業)、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、丸紅、東方地所、富士見地所、袖ケ浦興業で構成する「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」に280億円で売却することを決めた。同グループは総事業費1800億円を投じ、総戸数4390戸の共同住宅を核とした新たな街づくりを進める。
 敷地は17万5809平方メートル。JR京葉線海浜幕張駅北東側に位置し、南東側は京葉線の線路に接している。1989年に幕張新都心が街開きした後、ほとんど手付かずの状態が続いていた。同グループは敷地を8区画に分割して開発する。建物の規模は固まっていないが、京葉線の線路沿いの区画には46階建て(高さ150メートル)の高層マンション、その他の区画には最高18階建てのマンションや低層の店舗などを配置する。オープンスペース型のオフィスやカフェ、予防医療や健康増進サービスを提供する医療モールも設ける。事業スケジュールは未定だが、共同住宅は2019~29年度の入居を予定している。

コメント

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む