論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/多様化より重要なのは  [2015年9月2日1面]

 〈ユニクロ、週休3日制導入〉〈リクルート、全社員に在宅勤務制〉-。最近、そんな新しい働き方をめぐるニュースがメディアをにぎわした。週休3日にも在宅勤務にも縁のない身からすると、ちょっとうらやましく感じたが、よくよく考えてみればそう簡単ではないようだ▼ユニクロの週休3日は土日曜出勤が必須の上、変形労働時間制を活用して1日10時間勤務。なかなかつらそうだ▼在宅勤務も通勤時間が無いのはよいが、自宅が仕事場では気の休まる間がないのでは。仕事とプライベートの境目が曖昧な中でひたすら結果を求められれば、際限のない長時間労働になったりしないだろうか▼建設業界には、時間外労働に上限を定めなくてよい労働基準法上の適用除外業種から建設を外すべきではないかとの声があるそうだ(本紙8月19日付)。現状のままでは他産業との人材獲得競争を勝ち抜けないというのである▼週休3日や在宅勤務が話題になる業種とは随分な違いだが、働き方改革の原点はやはり労働時間の短縮だろう。勤務形態の多様化ももちろん結構だが、まずは時短。そこを忘れぬようにしたい。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む