技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大林組/SCIMを初導入/パナソニックらのスマートシティー計画(横浜市港北区)に  [2016年3月29日1面]

 大林組は、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の発展形と言える独自技術「スマートシティーインフォメーションモデリング(SCIM)」を、パナソニックや野村不動産が横浜市港北区に開発する次世代都市型スマートシティー「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」=完成イメージ=に初導入する。開発事業者らと共にSCIMを基盤とするスマートタウンを構築し、18年の街開き以降に試験運用を行う。=4面に関連記事
 SCIMは、構造物の3次元データを駆使するBIMの領域を、エネルギー網、情報通信(IT)網といった都市の構成要素すべてに拡大した技術。街の中に立つ複数の建物のエネルギー需給状況などを一元管理できる。同社は本格運用に先駆け、東京都清瀬市の技術研究所に構築して実証を進めていた。
 花井孝文専務執行役員は「実際に街全体でチャレンジする機会を得た。街に定着して運用をサポートすることで技術を進化させる。今後もスマートシティーやコンパクトシティーに有効な技術として提案していきたい」と話している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む