行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/ベトナムとミャンマー訪問団に各15社前後参加/16年秋派遣  [2016年7月28日1面]

 国土交通省が中堅・中小建設業の海外展開支援の一環で秋にベトナムとミャンマーに派遣する訪問団にそれぞれ15社前後が参加する見通しとなった。6~7月に全国5都市で計6回開いた事前の海外進出戦略セミナーを聴講した企業に参加意向を確認した。ベトナムでは訪問中に現地で開かれる政府間会議に参加。ミャンマーでは見本市を視察するなどして、進出のきっかけにしてもらう。
 海外展開支援の一環で訪問団を派遣するのは本年度が3回目となる。
 6回のセミナーには合計200人が参加した。東京だけで行った14年度(対象国はベトナム)のセミナーの参加者は2回で91人、15年度(インドネシア)は1回で41人となっており、本年度はこれらを上回った。同省は「全国で開催したことで、地方の業者の海外進出需要を掘り起こすこともできたようだ」(土地・建設産業局国際課)とみている。
 派遣期間はベトナムが9月26~30日。その間に開かれる日・ベトナム建設会議に参加し、会場で技術PRやビジネスマッチングを行う。ミャンマーではヤンゴンで開かれる見本市を視察する。このほか両国で政府機関や現地企業への訪問といった日程も組む。
 セミナーでは、11月16~20日にベトナム・ハノイで開かれる見本市「VIETBUILD2016」の出展希望も別途募り、土木、建築、設備を主体とする企業8社の出展が決定した。ブース(合計54平方メートル)を国が借り上げ、各社が得意技術を海外にPRする初の試みにする。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む