2017年1月20日 金曜日

行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

アパグループ/東京ベイ幕張(千葉市美浜区)増築棟が開業/施工はイチケン  [2016年12月8日5面]

イーストウイング(手前)とセントラルタワーの外観

テープカットする関係者

 アパグループ(東京都港区、元谷外志雄代表)が千葉市の幕張新都心地区にある「アパホテル&リゾート東京ベイ幕張」敷地内で建設を進めていた増築棟「イーストウイング」が完成し、7日に現地で開業を記念する式典が行われた。元谷代表や元谷芙美子アパホテル社長ら関係者がテープカットをして門出を祝った。設計・施工はイチケン、デザイン監修は辻本デザイン事務所が担当した。
 式典前の記者会見で、元谷代表は「1回目の増築後に稼働率が下がると思ったが、年間93・2%を達成した。今回の増築後のプレオープン期間中は稼働率が90%を超えたため、年間で92~93%を実現できると思う」と期待を述べた。
 元谷社長は「幕張地区の旗艦ホテルになったので、愛されるホテルとして地区にも千葉県にも大きく貢献できたらうれしい」と語った。
 東京ベイ幕張の所在地は美浜区ひび野2の3(敷地面積4万5717平方メートル)。イーストウイングの建物はS造11階建て延べ1万1962平方メートルの規模。外観はアパグループの「新都市型ホテル」という理念に基づき、黒を基調に金のポイントタイルを使った高級感と存在感のあるデザインにした。
 506の客室や女性専用の露天風呂付き大浴場を設置。環境に配慮し、館内外にLED照明を採用したほか、客室窓にペアガラスを導入し、断熱性を高めた。
 既存のセントラルタワーとウエストウイング2棟を合わせた総客室数は2007室。客室収容人数は4000人を超え、国内最高層(ホテル単体)で最大級のホテルとなる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む