2017年1月20日 金曜日

技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ライト工業/主力分野でi-Con対応強化/ICTなど活用、施工を効率化・省力化  [2016年12月27日3面]

Slope Visionの適用イメージ

 ライト工業が、国土交通省が推進する建設現場の生産性向上策「i-Construction」への対応を強化している。地盤改良分野では機械撹拌(かくはん)工法の品質・出来形を3次元(3D)モデルで可視化するシステムやGNSS(衛星測位システム)で施工機械を誘導するシステムの実績を重ねている。のり面分野ではモルタル吹き付け工法用の新たなシステムを本年度に開発した。
 i-Constructionは盛り土・切り土など一般土工を中心に普及が進む中、同社は専門土木会社として培ってきた知見や強みを生かし、地盤改良とのり面の主力分野で、i-Conに対応した技術の開発を積極的に行っている。
 地盤改良分野の対応技術は、地盤調査システム「エンパソル」、GNSSで機械誘導を行うマシンガイダンス機能と従来の施工管理機能を組み合わせた「GNSSステアリングシステム」、施工現場全体での施工の最適化と品質管理の高度化を実現する「3D-ViMaシステム」の三つ。
 エンパソルは、削孔機に取り付けた各種センサーを使い、削孔時にトルク、押圧、打撃圧、送水圧、深度のデータを記録・解析し、調査ボーリングの結果と比較して地層の判別などを行う。施工計画段階の地質調査に有効で、面的な着底深度を推定し各改良杭の改良長を計算することで、概算数量を把握できる。
 施工段階は、GNSSステアリングシステムにより、オペレーターの打設作業をサポートすると同時に、施工管理項目をリアルタイムに表示・記録もできる。3D-ViMaシステムは、施工結果を3Dモデル化し、スラリー量、羽根切り回し数、電流値と属性情報を切り替え、色分けして分かりやすく表示できる。
 機械撹拌式の混合処理工法で、大口径・大深度向けのRASコラム工法とRMP-MST工法、浅層・中層向けのSCM工法に適用し、複数を組み合わせて導入されるケースが増えているという。
 のり面工事向けに本年度に開発したのが「Slope Vision」。ネットワークカメラ、3D領域センサー、トータルステーションなどで構成され、モルタルの吹き付けと同時に吹き付け厚さを計算し、施工状況をリアルタイムに表示・把握できる。機械化吹き付け工法「Robo-Shot」と組み合わせて展開していく。
 同社は茨城県つくば市に、技研や開発部門を集約したR&Dセンターの建設を進めており、17年12月に完成を予定している。i-Conへの対応もテーマの一つで、高橋修執行役員施工技術本部R&Dセンター長は、「地盤改良では薬液注入工法やジェットグラウト工法、のり面ではアンカー、ロックボルトなどへi-Conの適用範囲を拡大していきたい」としている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む