論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/糸魚川大火の教訓  [2017年1月6日1面]

 昨年12月に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災は、140棟を超える建物が焼損するという大きな被害をもたらした▼政府はこの大火に被災者生活再建支援法の適用を決定。県と市の独自制度を上乗せすれば、1軒当たり最大400万円が支給される。地震や台風などを対象にしてきた支援法が火災に適用されるのは初めてという▼年末に現地を視察した自民党の二階俊博幹事長は、「著しい災害」に適用される激甚災害の指定についても言及した。自然災害と同等の公的支援を行うことになる今回の大火。政治の最重要課題とされる「国民の安全・安心」を確保する上で看過できない事象となったことを裏付けた▼自然災害の場合、発生をある程度は予測できたとしても、その猛威から完璧に安全・安心を確保することは難しい。それだけに、「減災」や「応災」といった概念が成り立つ。一方、今回の大火は出火原因がどうあれ、街に木造建物が密集していなければ、あれだけの惨事には至らなかっただろう▼制度と予算、意識がそろえば解決できる問題は少なくない。糸魚川大火を教訓に早期に手を打つべき課題もある。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む