2017年2月27日 月曜日

特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

名古屋支社新年企画  [2017年1月6日]

 昨年は東西交通の大動脈となる新東名高速道路の愛知県区間が開通。また、東海環状自動車道を始めとした広域交通網の整備や国際競争力を高める港湾整備など、わが国の経済活動をけん引する中部圏の基盤づくりは着実に進んでいる。一方、南海トラフ巨大地震など大規模災害に対する備えやインフラ老朽化対策、建設業の担い手の確保・育成は喫緊の課題であり、産学官が連携し取り組んでいくことが求められている。
 そのような中、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線(東京~名古屋間)の愛知県区間や岐阜県区間などの着工は、中部圏の国際競争力をさらに高め、持続可能な発展を遂げるための絶好の機会だ。昨年3月に策定した新たな「中部圏広域地方計画」では、2050年を展望しつつ、リニア中央新幹線開業を見据え今後概ね10年間で取り組む中部圏の国土づくりの指針が示された。リニア開業効果を広域的に波及させ、国際的な都市間競争に打ち勝つための都市圏づくりが動き出す。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む