工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東京都財務局/環七地下広域調節池・石神井川区間工事/大成建設JVに  [2017年1月11日4面]

環七地下広域調節池の地下トンネルルート

 東京都財務局は10日、低入札価格調査を行っていた「環状七号線地下広域調節池(石神井川区間)工事」の落札者を650億円で大成建設・鹿島・大林組・京急建設JVに決めた。技術提案型総合評価方式の適用案件。予定価格は712億7234万円だった。
 雨量が1時間当たり75ミリの降雨に対応する「環状七号線地下広域調節池」整備の一環として、施工中の白子川地下調節池(3・2キロ)と、既設の神田川・環状七号線地下調節池(4・5キロ)を連結する新たなトンネル状の調節池を都道318号(環七通り)などの地下に構築する。
 工事場所は中野区野方5~練馬区高松3。地下32~40メートルの深さにシールド工法で延長5367・5メートル、内径12・5メートルのトンネルを整備する。発進したシールドマシンが経由する中間立坑1基や、連絡管(延長12・1メートル、内径4・25メートル)の施工も併せて行う。工期は23年3月14日まで。
 都によると、連結区間の完成で白子川、神田川・環状七号線の両調節池で貯留できる水量(計75万立方メートル)に新たに68万立方メートルが加わり、計143万立方メートルの雨水を地下に貯留できるようになる。1時間当たり100ミリの集中豪雨にも効果を発揮するとみる。事業の完了予定は25年度末。
 今回の工事は施工者に現場見学会の開催を求める「建設業の魅力発信モデル工事」の指定案件でもあり、見学会の実施費用はイメージアップ経費として都が負担する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む