企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ピーエス三菱/人材確保・育成に注力/新入社員研修を刷新、6カ月に期間延長  [2017年1月11日3面]

 ピーエス三菱が、人材確保・育成に向けた取り組みを強化している。中長期的な視野に立ち、各年代ごとに充実した教育プログラムを構築。特に若手の底上げが必要として、本年度は新入社員研修を大幅に刷新したほか、入社3年目までのフォローアップ研修を拡充した。
 同社は昨年、16~18年度の中期経営計画を発表すると同時に、10年後の目指す姿を描いた長期経営ビジョンを策定した。同ビジョンでは、PC(プレストレストコンクリート)を核としたブランドを確立し、成長分野や新分野に果敢に挑戦する企業集団をテーマに設定。数値目標として、連結の受注高・売上高は1300億円プラスアルファ(新規事業100億円)、営業利益率は4%以上を掲げている。
 その実現に向けた最初の3年間となる中期経営計画では、部門別の戦略の一つにグループ全体の人材確保・育成・活用の推進を打ち出し、初年度から積極的に取り組んでいる。
 具体的には、従来行っている入社3年目のフォローアップ研修に加え、入社2年目の社員のフォローアップ研修を始めた。この研修に合わせて、2年目の社員が新入社員と懇談する機会を設けた。1年前の経験を伝えるなどして相互の成長につなげる。
 現場実習の実施や資格取得のため、新入社員の研修期間を従来の倍の6カ月に延長した。藤井敏道社長は、日刊建設工業新聞のインタビューで、「人材をどう確保し、教育していくかが課題の一つだ。採用した人をきちんと育て、入社3年以内の離職者を減らしたい」と話している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む