2017年1月20日 金曜日

工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大阪府箕面市/箕面船場駅前まちづくり拠点施設整備運営事業者選定支援業務入札公告  [2017年1月11日10面]

 ◇6月に事業実施方針
 大阪府箕面市は「箕面船場駅前地区まちづくり拠点施設整備運営事業者選定支援業務委託」の委託先を決める総合評価方式一般競争入札を公告した。北大阪急行電鉄(北急)延伸で設ける2駅のうち(仮称)箕面船場駅前の市民文化ホールや図書館・文化交流施設、地下駐車場などの整備・運営管理事業の入札説明書作成やPFI実施方針作成、事業者選定などに関する支援を行う。入札書などは27日まで受け付け同日開札する。整備などの事業予定者を決める実施方針を6月に公表する。
 建設地は船場東で敷地面積は1万3300平方メートル。整備する施設は▽市民文化ホール(施設面積約7700平方メートル)▽図書館・文化交流施設(約1万2000平方メートル)▽地下駐車場(約6800平方メートル)▽歩行者デッキ(約3750平方メートル)▽デッキ下駐輪場(約3750平方メートル)▽駅前広場施設面積(約1500平方メートル)。
 同市は16年9月に「船場地区まちづくり拠点施設整備事業事前方針」を公表。事前方針では市民文化ホールに1000席以上を備える大ホールと150席前後の小ホール、収益機能を配置するとしている。文化交流施設・図書館のうち文化交流施設に会議室やスタジオなどを備え、図書館には市の11万冊と大阪大学の60万冊を蔵書する。
 同業務の落札者は入札後1週間以内に公表する見通し。履行期間は18年3月30日まで。予定価格は2600万円。
 同市は最初に市民文化ホールの運営管理事業予定者を選定し、運営管理事業予定者の意見も反映した実施方針や要求水準書などを作成・公表、整備などの事業予定者を募集・選定する方式を採用。運営管理事業予定者と整備等事業予定者は2者が一体となるSPC(特定目的会社)を組成し、PFI法に基づく選定事業者として整備・運営管理契約を市と結ぶ予定。
 運営管理事業予定者を決める入札を今年3月に公告し、3~4月に提案を受け付け、落札者を決定。5月に協定を締結する。
 整備事業予定者を選ぶため7月にPFI特定事業に選定し、9月に入札を公告。10月から18年1月にかけて入札参加者から提案を受け付け、落札者を決定。2月に仮契約を、3月に本契約を結ぶ計画だ。
 各施設は延伸線が開業する21年春の供用開始を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む