技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ダイダン/製薬工場分野への取り組み強化/2020年以降も伸長期待  [2017年2月8日3面]

 ダイダンが、製薬工場向けの製品開発に力を入れている。16年3月期の売上高(1383億46百万円)に占める製薬工場分野の比率は約10%だったが、2020年東京五輪以降に建設需要がある程度落ち込んでも、伸長が期待できる分野とみて、さらなる受注拡大に向けて取り組みを本格化させている。
 その一つが「バリアスマート」シリーズ。高度な管理が必要な製薬関連施設やクリーンルーム向けの室圧制御技術で、▽バリアスマートCM(基準圧の揺らぎへの対策)▽同EQ(突風時の室圧の逸脱対策)▽同HB(扉からの出入りが引き起こす交差汚染の防止)▽同AD(除染設備との連携、安定したモード切り替え)-の4ステップでシステムを構成する。高度な室内環境を創造し、安定した研究・生産活動を可能にする。
 再生医療用の細胞加工施設(CPF)向けクリーンルーム「エアバリアブース」の受注拡大にも力を入れている。発生させた空気の流れで壁を作り、細胞に異物が入らないようにしたのが特徴。一つの大きな部屋に複数のブースを設置することが可能で、CPFごとに部屋を間仕切りする必要がないため、導入コストを最大40%削減でき、空調などの維持費削減にもつながる。
 ほかにも、イオンの特性を利用して花粉やPM2・5などの微小粒子状物質を除去する除じんシステム「ion-DROP(イオン・ドロップ)」、マウスやラットなどの実験動物を快適に飼育できる「アイラックシステム」なども積極的に開発している。
 これら4製品は、大阪市住之江区のインテックス大阪で15~17日に開かれる医薬・再生医療関連施設向け展示会「インターフェックス大阪」(主催・リードエグジビションジャパン)に出展。製薬会社などの関係者にPRし、さらなる受注拡大につなげる考えだ。

コメント

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む