企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/担い手確保の取り組み加速/「プレミアム年休」導入や初任給引き上げ  [2017年2月17日1面]

 清水建設は、担い手確保に向けた取り組みを加速する。政府と経済界が推奨している毎月末の金曜日の終業時刻を繰り上げる「プレミアムフライデー」の趣旨を踏まえた年次有給休暇(年休)取得制度「プレミアム年休」を導入し、働き方改革を推進。さらに新卒者の初任給を引き上げるほか、従業員の基本給を引き上げるベースアップ(ベア)も検討している。
 大手ゼネコンでプレミアムフライデーの導入を発表したのは同社が初めて。プレミアム年休は、従来は1日または半日単位だった年次有給休暇を、毎月最終金曜日の午後3時以降に1時間単位で取得できるようにする。業務上の理由で最終金曜日に年休取得が困難な場合には、翌月の月末以外の金曜日などを代替日とすることもできる。現場を含めた全社員を対象に今月24日から運用する。
 新卒者の初任給は、17年度入社の大学院修了者で25万円、大卒者で23万円とそれぞれ前年度より5000円引き上げる。15年度入社はそれぞれ1万円、16年度入社もそれぞれ5000円アップしており、初任給引き上げは3年連続となる。
 ベアについては現在、実施の方向で労働組合と調整している。実現すれば、一昨年に15年ぶりに実施して以来、3年連続となる。15年度は1万円、16年度は1・2%をそれぞれ上積みしている。
 同社は「働き方改革と処遇改善による担い手確保を目的に、各種施策を総合的に検討、推進していく」としている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む