行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/ジャカルタで超高層ビル上棟/日建設計らが意匠設計、9月完成へ  [2017年2月21日1面]

計画より半年早く上棟を迎えたアストラ・タワー

 インドネシア最大の複合企業、アストラ・インターナショナルがジャカルタ市内に建設中の超高層ビル「アストラ・タワー」の上棟式が20日、現地で行われた。清水建設が現地の建設会社とのJVで施工を担当。アストラ社のプリヨノ・スギアルト社長らが出席し、躯体の完成を盛大に祝った。18年3月末までの契約工期を大幅に短縮し、9月の完成を目指す。=3面に関連記事
 アストラ・タワーは、アストラ社の本社ビルとして、ジャカルタ最大のビジネス街・スディルマン地区に建設中。現時点の請負金額は約221億円。RC造地下6階地上47階塔屋3階建て延べ16万5000m2の規模で、完成後の高さ261.5mは同国で2番目。同地区のメインストリートのスディルマン通りでは最高層で、新たなランドマークとなる。
 設計は、構造をアラップ、意匠を日建設計と地元企業のアイルマス・アスリ、設備を同じく現地のマインハートが担当。建築・設備・外構の施工を清水建設と同国最大の建設会社トータル・バングン・プラサダのJVが担っている。
 式典では、プリヨノ社長の合図でタワー最上部に位置する屋上ヘリパッドに最終節の鉄骨をつり込み、ビルの躯体を完成させた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む