2017年3月31日 金曜日

行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東北整備局南三陸国道/唐桑高田道路長部高架橋(岩手県陸前高田市)の橋桁連結式開く  [2017年3月3日6面]

長部高架橋全景

長谷部副市長(右端)、金ケ瀬所長(左端)らによるコンクリート投入の儀

品川副支店長による締め固めの儀

岡本裕昭現場代理人(鹿島)によるならしの儀

 三陸沿岸道路・唐桑高田道路の一部を構成する「長部高架橋」(岩手県陸前高田市気仙町)で1日、橋桁の連結式が行われた。東北地方整備局南三陸国道事務所が工事を発注し、一部を除く下部工、上部工全般を鹿島が施工している。
 同橋はPC6径間連続箱桁橋で橋長408メートル、幅員12メートル。14年3月に着工した。施工に当たっては、打設コンクリート内の温度調節を図る「クール&ヒート工法」や材料分離を防止する運搬打設システムを採用し、施工品質の向上に役立てている。
 連結式に出席した陸前高田市の長谷部智久副市長は「唐桑高田道路の開通によって多くの人々が復興した陸前高田市を訪ねてくれることを期待している」とあいさつした。
 南三陸国道事務所の金ケ瀬光正所長は「施工現場の一部で大規模な湧水が確認されるなど苦労をかけた工事にもかかわらず、非常に品質の高い橋が架かった」と施工関係者の労をねぎらった。
 鹿島東北支店の品川敬副支店長は「私どもの仕事は品質と安全の上に成り立つものだが、それらは地域の皆さまのご理解とご支援によって支えられている。ゼロ災害を実現できた現場として、残る工事を完成させる」と決意を語った。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む