2017年5月30日 火曜日

技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/塩素化エチレン類汚染地下水の浄化技術確立/浄化促進剤不要、効果を実証  [2017年3月6日3面]

車載型RHA1株菌液注入装置

 大成建設は、好気性細菌RHA1株を地下に注入し、塩素化エチレン類に汚染された地下水を浄化する技術を確立した。浄化促進剤などを導入することなく、空気を供給するだけでRHA1株を活性化させ、塩素化エチレン類を無害化できる。実証試験では、基準値の約7倍のシス1、2ジクロロエチレン(cis-DCE)が1カ月程度で基準値以下になった。
 有機溶剤に含まれる塩素化エチレン類による地下水汚染は、揮発性有機化合物による地下水汚染件数の80%以上を占めている。その浄化対策としては、揚水処理や、汚染域に生息する嫌気性脱塩素細菌利用した微生物浄化方法が国内で広く普及しているが、浄化には年単位の期間を要するため、浄化コストの増加や土地利用の制約などが課題となっている。
 一方、従来の好気性細菌を利用した浄化方法は、短期間に浄化できるものの、使用する微生物の活性化に有害物質を含む浄化促進剤を必要とするなどの課題があった。
 同社は、長岡技術科学大学と製品評価技術基盤機構(NITE)と共同でRHA1株の研究を進める中で、帯水層に酸素が存在する条件では、RHA1株だけで塩素化エチレン類を分解することを確認。今回、環境省の委託調査で実汚染サイトでの浄化試験を行い、その効果を実証した。
 試験では、車載型注入装置を用いて大量培養したRHA1株を含む菌液を帯水層に注入し、低流量で空気供給を行うことで、基準値の約7倍あるcis-DCEを4週間程度で基準値以下に浄化した。揚水処理と比べると、浄化期間は3分の1以下、浄化コストは4分の3程度に削減でき、浄化期間中に発生する二酸化炭素排出量を約7分の1に抑制できるという。
 脱塩素細菌による浄化との比較では、コストはやや割高になるものの、浄化期間は6分の1に短縮できる。さらに脱炭素系細菌はcis-DCEをより塩素濃度の低い塩化ビニルモノマーに分解するが、RHA1株は塩化ビニルモノマーを生成せずに無害化できる。
 同社では今後、基準値の10倍程度の汚染サイトを中心に、土壌を掘削せずに短期間に簡単に浄化できる技術の一つとして広く展開していく方針だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む