2017年4月28日 金曜日

企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JFEエンジ/テレワーク制度導入/仕事と家庭の両立支援、サテライトオフィスも  [2017年4月18日3面]

新横浜駅前にサテライトオフィスを試験的に設置

 JFEエンジニアリングが、働き方改革に力を入れている。その一つが、4月に導入したテレワーク制度。育児や家族の介護などを理由に離職を考えざるを得ない社員や、働く時間に制約がある社員を対象に、ICT(情報通信技術)を活用した在宅勤務を可能にする。3月には、柔軟な働き方とテレワークの推進を図るため、横浜市港北区の新横浜駅前にサテライトオフィスを試験的に設置=写真。通勤時間を短縮し、自己時間を創出できる環境を整えた。
 同社は、事業の拡大や新しいビジネスモデルの構築、新商品の創造のため、2014年から業務プロセスやツールを見直し、ウェブ会議システムや図面の3次元(3D)化など、ICTを活用する取り組みを推進。デスクワークだけでなく、プロジェクトの現場でも工期短縮や施工の効率化を図るなど、さまざまな施策を講じている。
 業務プロセス改革の次のステップと位置付けているのが働き方改革だ。同社ではこれまでに育児・介護を支援する対策として、出社時間の繰り下げが可能な「時差勤務」や、業務時間を最大2時間短縮する「短時間勤務」、育児・介護ともに最長3年間取得できる「休業制度」を導入している。
 ワークライフバランス(WLB=仕事と家庭の調和)の向上に向けた取り組みでは、ノー残業デーのほか、原則、午後8時以降の残業の禁止、フレックスタイム制度を導入済みだ。
 同社は、社員一人一人が働き方を選択できるようにし、主体的、自立的に働くことで生産性の向上とともに、WLBの実現による企業の成長を目指す考えだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

(検索結果は別ページに移動します)
※過去3カ月の新聞記事が検索できます。
(当日分と落札ファイルの記事は検索対象外です)
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む
DVD 職長が語る!予定外作業の悲劇
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む