技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東急建設、富士電機/建物の健康モニタリングシステム開発/感震センサーで変状検知  [2017年5月18日3面]

地震発生時の報告画面

 東急建設は17日、富士電機と共同で、地震時から平常時まで建物の揺れをモニタリングし、建物の健康状態を把握できる構造ヘルスモニタリングシステム「4D-Doctor」を開発したと発表した。加速度計を内蔵した感震センサーで常時モニタリングすることで、大地震時のBCP(事業継続計画)支援に役立つ。ほかにも、中長期の記録を活用した建物の更新の検討、耐震補強前後の補強効果の確認などに効果を発揮する。
 同システムは、感震センサーをビルの4~5階ごとに設置する。剛性などビルの構造情報が入力されたソフトウエアに、感震センサーからのデータが送られることで、常にビルの揺れをモニタリングする。
 大地震発生時には、建物外への避難や建物の継続使用の可否を同システムが10~15分ほどで自動的に判断。結果がパソコンに表示されるほか、関係者にもメールで被災状況などが報告される。クラウドとも連携しており、建物外からでも被災情報を一元管理できる。
 平常時には、建物の微弱な揺れを常時モニタリング。大地震による影響や経年による微弱な揺れの変化を検知し、絶えず記録する。長期間モニタリングし続けることで、建物の固有振動数などの特性変化が読み取れ、耐震補強や建て替えなどの検討に役立てることも可能になる。
 感震センサーを一定階に設置し、パソコンと連携させるだけでモニタリングが行えるため、新設・既設問わず使用できる。各階ごとにセンサー設置が必要な従来のシステムに比べ、コストも大幅に削減できるという。今後は、超高層ビルなどをターゲットに導入を進めていきたい考えだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む