BIMの課題と可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

BIMの課題と可能性・178/樋口一希/IM&VRソリューション・1  [2017年6月6日]

IM&VR Solutionを構成するシステム群

 フォーラムエイト(港区港南2-15-1、品川インターシティA棟)が提供するソリューション・プラットフォーム「IM&VR」について報告する。


 □BIM/CIMを包括的にカバーする「IM&VRソリューション」>建築土木3D CAD「Allplan」を深掘□


 フォーラムエイトは、土木設計ソフトの開発・販売からスタートしたソフトウエア・ベンダーとして知られている。4月24日、bSJ(旧IAI)第4回施工小委員会において「IM&VRソリューション」の中核をなすIFC対応の建築土木3D CAD「Allplan」に関するプレゼンテーションを聴く機会を得た。BIM/CIMを包括的にカバーする「IM&VR Solution」を探索するとともに、ユニークな機能を持つ建築土木3D CAD「Allplan」について概説する。


 □ソフトのライセンスが無償貸与されるなど学生にも魅力的な国際デザインコンペを開催中□


 関連して、フォーラムエイトでは、BIM/CIMとVRを駆使して先進の建築土木デザインをクラウドで競う!第7回学生BIM&VRデザインコンテスト オンクラウド「Virtual Design World Cup~ヤンゴン-サスティナブルなアジア型都市のモデルを目指して~」のエントリー受け付けも開始した。

 このコンテストは、BIM/CIMおよびVRの活用によって先進的な建築、橋梁、都市、ランドスケープのデザインを行う学生対象の国際コンペティション。テーマに対して計画、設計、シミュレーションなどを実施し、総合的なデザインをVRデータで表現した作品を審査委員会が評価。

 制作に際しては、ワークショップでの講演やソフトウエア体験セミナー、技術セミナーが予定されており、学生のソフトウエア活用をサポートする。ソフトウエアのライセンスが無償貸与されるほか、ノミネート作品に選ばれた各チーム(国内:関東以外3人、海外2人予定)には東京への交通費、宿泊費を援助するなど魅力的だ。

 ◇主催:Virtual Design World Cup実行委員会

 ◇応募資格:応募作品の制作にあたった参加者のすべてが学生であること

 ◇応募期間・スケジュール

 ・エントリー受付期間:6月21日まで

 ・製品ライセンス無償貸与期間:11月24日まで

 ・予選選考・通知:7月19日

 ・応募作品受付期間:9月29日~10月4日(日本時間24時必着)

 ・審査期間:10月8~11日

 ・ノミネート発表:10月13日

 ・結果発表:11月16日(品川インターシティホール)

 ◇賞金・副賞

 ・ワールドカップ賞:1作品(賞金30万円)

 ・優秀賞:2作品(賞金10万円)

 ・審査員特別賞各賞:4作品(賞金5万円)

 http://vdwc.forum8.co.jp/

 〈アーキネットジャパン事務局〉(毎週火・木曜日掲載)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む