技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島/純木質耐火集成材を神田神社文化交流館に適用/神社施設で初、和の雰囲気演出  [2017年6月6日3面]

神田神社文化交流館の地上2~3階吹き抜け部分のイメージ。右端の柱・梁にFRウッドを適用する

 鹿島は5日、神田神社(東京都千代田区)の創建1300年奉祝記念事業の一環として計画され、同社が設計・施工を手掛ける「神田神社(仮称)文化交流館新築工事」に、純木質耐火集成材「FRウッド」が採用されたと発表した。FRウッドの適用は今回で3件目で、神社施設への適用は初となる。
 FRウッドは、燃え止まり層(難燃処理層)にも木材を使った木材100%の耐火集成材で、1時間の耐火性能を備える。構造部材(梁・柱)として使用可能で、断面は柱が240×240ミリ~800×800ミリ、梁は240×180ミリ~600×950ミリとサイズも豊富で設計自由度が高い。
 日本各地のスギ材を利用できるため、スギ材の地産地消にも貢献する。同社が東京農工大、森林総合研究所、ティー・イー・コンサルティングと共同で12年に開発した。
 神田神社は、730年に創建され、2029年に創建1300年を迎える。文化交流館は、「伝統を継承し、新たな文化を創出する明るく開放的な場」と「神社神道の活性化に寄与する柔軟でしなやかな場」をテーマに建設する。
 規模は地下1階地上4階建て延べ3695平方メートルで、構造はRC、S、SRC、耐火木造となる。地上1~3階は境内に向けてガラス張りとし、うち2~3階の吹き抜け部分の柱と梁にFRウッドを適用する。木が持つ本来のぬくもりや柔軟性、和の雰囲気を生かしつつ、開放的で防火地域の耐火性にも十分配慮した計画にした。
 使用する木材は、一部の梁の荷重支持部にカラマツ材を使う以外は、神田神社がまつる平将門と縁が深い多摩地区のスギ材を使用する予定という。
 建設地は千代田区外神田2の16の2。設計・監理と施工は鹿島が担当し、一部内装の設計・施工は乃村工芸社が手掛ける。工期は6月13日~18年11月30日を予定している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む