工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

兵庫県西宮市/本庁舎周辺整備構想検討業務/委託先候補に日建設計  [2017年6月16日10面]

 兵庫県西宮市は「本庁舎周辺整備構想検討業務」の公募型プロポーザルで、日建設計を委託先候補に選定した。阪神西宮駅近くにある本庁舎(六湛寺町)や市民会館(同)、勤労会館(松原町)など老朽化が進んでいる公共施設の再編の考え方や将来像などを検討する。市職員で構成する特定委員会が「公共施設の再編整備に求められる視点がより具体的で、施設計画的なハード面も含めた取り組み方針の提案があった」などと評価した。
 2者から応募があり、特定委員会が第1次評価で全者に企画提案書を求めることを決め、2者とも提出した。その後、特定委員会がヒアリングを行い、委託先候補として日建設計を選定した。
 対象は、南館・西館含む本庁舎、市民会館、勤労会館、勤労青少年ホーム(松原町)など。再編整備の基本的な考え方や本庁舎周辺で今後求められる機能、規模、施設配置、動線計画、空間構成、整備イメージなどを検討する。教育委員会庁舎(六湛寺町)の跡地に計画している第二庁舎(危機管理センター)に消防局庁舎(池田町)と上下水道局庁舎(同)が移転するため、両庁舎の跡施設も含まれる。
 本庁舎は1971年に建てられ、老朽化が進んでおり、各施設の建て替えや移転、集約化など幅広く検討する模様だ。契約期間は18年3月30日。
 引き続き18年度に随意契約を行い、民間活用や事業者ヒアリングなど事業手法を検討するほか、整備構想案を策定する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む