論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/日傘男子、なれますか  [2017年8月3日1面]

 厳しい暑さが続いている。先日、ある城跡公園に出掛けたところ、中に入った途端に涼しい風が通り抜けた。木々が生い茂り、直射日光が当たらないだけでも随分違う▼環境省の調査では、10メートル間隔で街路樹があると、無い場合に比べて歩行者の累積発汗量が約1割減るという。日傘を差しても同様の効果が得られるそうだ。体質や天候によっても違うだろうが、日陰の有無が暑さを大きく左右することは実感として分かる▼埼玉県と日本洋傘振興協議会が「日傘男子広め隊」なる取り組みを始めた。県の男性職員が男性用日傘を通勤時などに利用してPR。打ち水イベントなどでも広く紹介していくという▼同県では熱中症で救急搬送される人の7割を男性が占める。だが、日傘というと女性のイメージが強く、男性の利用率は低いのが実情。日差しが強い時には日傘が有効と分かっていても、利用に抵抗感があるのでは普及は難しい▼健康を目的とした取り組みだが、男性用日傘が当たり前になれば利用者は急増しよう。市場を広げるには、技術だけではなく文化や意識を変えることも重要。10年後はどうなっているだろう。

コメント

  • より:

    男性用の日傘が売り出され、TV等で取り上げれば、あまり時間をかけずに浸透すると予測します。特に若者をターゲットに。
    今のままでは浸透は無理でしょう!

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む