企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

技研製作所/高知本社に「世界杭打ち機博物館」開設/実機26台展示  [2017年8月4日1面]

北村社長が収集した希少価値の高い杭打ち機も展示されている

 高知市に圧入のメッカが誕生-。技研製作所は、高知市内にある本社に、世界の杭打ち機の歴史と施工原理の変遷を紹介する「世界杭打ち機博物館」を開設した。同社が製造・販売する油圧式杭圧入引き抜き機「サイレントパイラー」の1号機から、創業50周年の歴史を彩ってきた代表的な13機種をはじめ、北村精男社長が収集した世界でも希少価値の高い国内外の杭打ち機13台を展示している。
 同社によると、杭打ち機の博物館は世界でも唯一という。
 杭打ち機は、建物の基礎や土を留める擁壁、水をせき止める止水壁などの杭打ち工事に使われる。打撃や振動を原理とする従来の施工機械に代わり、1975年に登場したサイレントパイラーは、振動や騒音を発生させずに高精度に杭を地中に押し込むことのできる圧入工法を採用しており、博物館では、サイレントパイラーの進化を実機を目の前にして学ぶことができる。
 レオナルド・ダビンチの描いた土質調査機を再現した実物大モデルなどユニークな展示もあり、国内外を問わず多くの人に興味を持ってもらいたいという。
 一般公開日を設け、事前予約制で見学を受け付ける予定だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む