企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三井不/物流施設向けICTショールーム開設/業界初、省力化・自動技術PR  [2017年9月13日4面]

 三井不動産は13日、物流施設に導入するICT(情報通信技術)に特化したショールーム「MFLP ICT LABO」を、千葉県船橋市に開設する=写真。物流分野で人材不足が大きな懸案となっている中で、事業効率化に寄与する省力化・自動化技術などをPRすることが狙い。物流施設業界では初めての取り組みという。
 設置場所は、自社開発の物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク船橋i(MFLP船橋i)」内。岡村製作所が販売している自動倉庫「オートストア」など16種類の技術を展示する。
 オートストアは、専用コンテナの出し入れを自動で行う次世代型ロボットシステムで、入出庫にかかる人員を従来の半分に抑えることが可能という。指先だけの簡単な操作で重い荷物を運ぶことができるシステムなども紹介し、顧客に機器の効果を実感してもらう。こうした機器のメーカーらと連携して、施設入居企業の購入や貸し出しなどもサポートする。
 三井不動産の寺島道人ロジスティクス本部ロジスティクス事業部長は「自動化と省人化技術の情報が企業に行き渡っていない。情報提供して課題解決につなげたい」と話している。
 所在地は船橋市浜町2の5の7。JR京葉線南船橋駅から徒歩8分の場所に位置している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む