論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/危険な生物ランキング  [2017年9月27日1面]

 人間にとって、地球上で最も危険な生物は「蚊」だそうである。途上国を中心にマラリアやデング熱など命に関わる感染症を媒介するためで、蚊に刺されて死ぬ人の数は年間100万人近くに上るとの推計も。恐るべし▼グローバル化で海外との人や物の行き来が活発化する中、近年は日本でも蚊のほかにも、ヒアリ、セアカゴケグモなど小さな強敵への関心が高まっている。「蚊に刺されたぐらい」とばかにしてはいけない▼一方、日本で最も危険な生物は、スズメバチを中心とするハチ。国内でハチに刺されて死ぬ人の数は毎年20人ほどに上り、人が襲われてよくニュースになるクマなどに比べても圧倒的に多い▼都市環境にも適応したスズメバチなどは身近で最も恐ろしい強敵といえるだろう。秋は野山に遊ぶ機会も多いが、ハチの活動が活発になる季節でもある。屋外作業の建設現場も工事場所によっては十分な注意が必要だ▼ところで、世界で蚊に次いで危険な生物は何か。それは「ヒト」。紛争やテロなどで毎年50万人近くが殺される。毒ヘビやサメ、サソリなどをも大きく引き離して堂々の2位。何をか言わんや。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む