企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島/BIM専業会社を買収/グループ会社のBIM事業を拡大  [2017年10月13日3面]

 鹿島は12日、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)専業会社の「沖縄デジタルビジョン」(沖縄県うるま市、井川康夫代表)の全株式を5日付で取得したと発表した。グループのBIM専業会社として4月に設立した「グローバルBIM」と経営統合し、BIM事業の拡大を図る。
 社名はグローバルBIMを継承。自社以外の建設会社や設計事務所も対象に、モデリングやコンサルティングなどのサービスを提供するとともに、同社が開発し、社内で運用している施工計画・プロジェクト管理のBIMソフトなどの公開・販売も行う。
 さらにクラウド技術や高度なセキュリティーをベースとした国内外のBIM事務所との提携、BIM業務を在宅で行う「BIMママ」の活用など効率的な運用を図るための協業体制を構築。日本版IPD(インテグレーテッド・プロジェクト・デリバリー)の先進企業として、BIMノウハウを提供する日本初のBIMサービスプロバイダーを目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む