人事・訃報

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

全鉄筋会長・内山聖氏が死去/職人の地位向上に尽力/後日、お別れの会  [2017年10月18日1面]

内山氏

 全国鉄筋工事業協会(全鉄筋)の会長や建設産業専門団体連合会(建専連)副会長を務め、業界の発展や技能者の地位向上などに尽くした小黒組代表取締役会長の内山聖(うちやま・きよし)氏が13日、死去した。74歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、「お別れの会」を開く。
 東京都出身。1965年に東洋大学社会学部を卒業し、71年に小黒組に入社。常務を経て93年4月に社長に就任。2010年2月まで務めた後、代表取締役会長に就任した。
 鉄筋業界にとどまらず専門工事業を中心に建設業界全体の発展や職人の地位向上などに尽力。業界団体の多くの要職を歴任した。全鉄筋では常任理事を経て07年5月に会長に就任。単価の改善や技能者の社会保険加入促進などの取り組みを業界のトップとして引っ張った。
 09年から技能者の育成施設「富士教育訓練センター」(静岡県富士宮市)を運営する全国建設産業教育訓練協会の副会長も務め、担い手の確保・育成に力を注いだ。10年から各職種の専門工事業団体で構成する建専連の副会長も務めていた。
 13年の日刊建設工業新聞のインタビューでは、「日本の鉄筋工の技術は世界でもトップクラス。それをどう継承し、生かしていくか、そうした将来戦略を検討していきたい。同時に、優れた技能を持ち、心配りのできる優秀な職人を育てたい」と話し、「全鉄筋は社会保険未加入問題にいち早く取り組んだ団体だと自負している」とも語っていた。
 10年に建設事業関係功労国土交通大臣表彰、11年に黄綬褒章を受章。
 ◇業界の大きな損失
 □才賀清二郎建専連会長の話□
 これからの建設業界を背負って立つ人材だと思っていただけに残念でならない。業界の発展のためにもっと一緒に仕事がしたかった。正直、力が抜ける思いだ。心よりご冥福をお祈りしたい。
 □毛利信二国土交通省事務次官□
 突然の訃報に接し、悲しみに堪えません。10年以上の長きにわたり、全鉄筋会長として、また建設産業専門団体連合会副会長をとして、専門工事業の健全な発展と職人の確保・育成に先頭に立って尽力してこられました。現職のまま74歳の若さで急逝されたことは、この業界にとって大きな損失と言わざるを得ません。心からご冥福をお祈り申し上げます。
 □内田俊一建設業振興基金理事長□
 あまりにも突然で言葉も出ません。全鉄筋の内山会長といえば、社会保険未加入問題に対し、才賀清二郎建専連会長と共に一歩も引かず、仁王立ちで取り組む決意を感じておりました。建設業振興基金の理事としても、積極的に、時に苦言も含めてご発言いただいたことに感謝しています。担い手確保が胸突き八丁の中での死去は残念でなりません。心からお悔やみ申し上げます。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む