行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大林組ら実行委/宇宙ビジネスアイデアコンテスト最終選抜会開く/大賞に松本紋子さん  [2017年11月1日3面]

大賞に選ばれた松本さん(中央)を囲んでの記念撮影

 宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster2017」(主催=S-Booster2017実行委員会)の最終選抜会が10月30日に開かれ、大賞に全日本空輸職員の松本紋子さんが選ばれた。松本さんは個人でエントリーし、「超低高度衛星搭載ドップラーライダーによる飛行経路・高度最適化システム構築」のテーマで発表した。
 実行委は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、ANAホールディングス、三井物産、大林組、スカパーJSAT。最終選抜会は東京都港区の六本木ニコファーレで行われた。約300の応募があり、15者が最終のプレゼンテーションに臨んだ。会場の様子はインターネットの動画中継サイト「ニコニコ動画」で生放送された。
 松本さんはスポンサー賞のスカパーJSAT賞も同時受賞。女優の剛力彩芽さんから花束を贈られ、「いろいろな人に協力してもらいながら事業化に向けて進みたい」と喜びを語った。高田修三内閣府宇宙開発戦略推進事務局長は「実現可能性と革新性を備えた提案。世界的な新市場の開拓に期待している」と講評した。
 宇宙飛行士の山崎直子さんは「元気を頂くアイデアが多く、宇宙の可能性を教えてもらった」とコンテストを総括。松山政司内閣府宇宙担当相は「来年度以降もこの取り組みを継続したい」と述べた。
 スポンサー賞のうち、大林組賞には日大理工学部の研究者6人で構成するチーム「TRY FORCE」の「宇宙テザー技術をつかった宇宙環境計測技術の開発」が選ばれ、同社の梶田直揮常務執行役員技術本部副本部長が「当社が考える未来構想と合致する。一緒に技術開発に取り組みたい」と選考理由を説明した。
 大林組の社員が参加した2チームもファイナリストに残り、チーム「ハプティクスターズ」の「力触覚技術を適用したロボットアームによる宇宙での作業の高機能化」が審査員特別賞に選ばれた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む