特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

11月18日は土木の日  [2017年11月18日]

 今年は「土木の日」制定30周年の節目を迎える。社会資本整備の意義と重要性について幅広いコンセンサスを形成していくという目的で地道に運動を進め、「土木」は少しずつ一般市民にも身近な存在になってきた。しかし、土木学会の大石久和会長は、土木の本質的な役割に関する理解が深まっているだろうかと疑問を呈する。土木の本当の役割、つまり国民生活を支え、安全を守ることをさらに広めるため、「運動の深化、進化が必要だ」と訴える。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む