工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

愛知県、弥富市/名古屋競馬場移転で都市計画変更案/トレセン周辺を市街化区域に編入  [2017年12月1日14面]

 名古屋競馬場(名古屋市港区)の移転に備え、愛知県と弥富市は、駒野町にある愛知県競馬組合弥富トレーニングセンター周辺の都市計画変更を行う。市街化区域への編入を県が、用途地域の指定と地区計画を市が決定するため変更案をまとめた。12日まで市民から意見を聞く。
 名古屋競馬場は、施設の老朽化に伴い、同センター内への移転が計画されている。現在、基本設計先行型PFIを行う準備が進んでいる。
 都市計画変更が行われるのは、同センターを含む約87・5ヘクタール。変更案によると、このうち競馬場の移転用地62・2ヘクタールを準工業地域、残る25・3ヘクタールを工業地域に指定する。
 工業地域には、名古屋港後背地の特性を生かし、物流施設などの誘致を図る。このため、地区計画では用途を制限し、2万平方メートルの最低敷地面積制限をかける。
 年度内に都市計画審議会に提案する。これにより、愛知県競馬組合は、新競馬場について、18年度にPFI事業者の選定手続きを行い、19年度着工、21年度完成を目指す。新施設の整備では、スタンドや管理部門の新築、馬場改修、ナイター照明設備の設置、関係者住宅・厩舎(きゅうしゃ)の改修などを実施する。現競馬場での場外馬券売り場整備を含めた総事業費を約94億円と見込んでいる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む