行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

群馬県/技術者名記載した銘板設置/初弾は南新井前橋線改良工(日輪寺工区)  [2017年12月5日5面]

 群馬県は、インフラ整備を担った技術者の名前を記載した銘板を設置する取り組みを開始した。初弾となったのは、改良工事を行った「一般県道南新井前橋線(日輪寺工区)」=写真。設計や改良、舗装、安全施設の各工事を手掛けた会社名と技術者名を明記。技術者の意欲向上や社会資本整備の意義のPRなどに役立てる。設計仕様も明記しており、維持管理の面からも有効活用される。
 初弾の銘板には、設計を担当した技研コンサルや、施工を担当した池下工業、泉野建設、塩原建設、品川工業、月白工業、前橋地建、ダイケンテクノ、日装、ヒロタの社名と、管理技術者や主任技術者、監理技術者の名前がそれぞれ記されている。発注機関の前橋土木事務所の名や、延長、設計交通量なども記載している。
 技術者名を記した工事銘板の設置は、大型構造物では例があるものの、小規模の工事では実施されていなかった。県は「こうした工事銘板をできるだけ取り付け、技術者のやりがいを引き出したい」(県土整備部)と話している。

コメント

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む