工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

高知県、JAグループ/新食肉センター整備(高知市)で新会社設立/整備費36億円  [2017年12月11日11面]

 高知県と関係市町、食肉関係者等で構成する「高知県新食肉センター整備検討会」は、県と農業協同組合(JA)グループが出資する新会社(株式会社)で新たな食肉センターを整備する方針を固めた。新会社は整備のほか、と畜や競り、部分肉加工なども行う予定。
 同検討会は、高知県広域食肉センター(高知市海老ノ丸)の今後の運営や新施設への建て替え等の方針を協議するため、16年11月に設置。第6回の会議で、県がこれまでの協議を踏まえ、新食肉センターの設置・運営に関する最終的な方針を示し、了承された。
 県とJAグループが出資して新会社を設立。市町村は出資を行わない。新会社の業務は▽新食肉センターの設置▽新食肉センターを活用して行うと畜(牛メイン)、内臓販売、競り、部分肉加工、JAの大規模直販所等への卸売。
 新センターは、現センターの用地に運営を継続しながら整備。整備費用は県、市町村、JAグループで負担する。整備費は約36億円を見込むが、今後大きく変動する可能性があるとしている。稼働は22年度以降となる見込み。
 新センターは、経営の安定を図るため、県内酪農家から廃用牛の集荷や内臓販売、競り機能、部分肉加工、農協直売所への畜産物卸売などの機能を取り込む。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む