工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に  [2017年12月20日4面]

代々木競技場の第一体育館〈右〉

 日本スポーツ振興センター(JSC)は19日、8日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「国立代々木競技場耐震改修工事(第一体育館等)」の落札者を68億5000万円で清水建設に決め、18日に契約を結んだと明らかにした。予定価格は68億9700万円。入札には同社だけが参加した。
 2020年東京五輪でハンドボールなどの競技会場として使用する代々木競技場(東京都渋谷区神南2の1の1、敷地約9・1ヘクタール)の第一体育館(RC一部S造地下2階地上2階建て延べ約2万8700平方メートル)と、付属棟(延べ約6500平方メートル)を耐震改修する。工事で使用する主な資機材は、コンクリート3600立方メートル、鉄骨30トン、鉄筋370トン、板ガラス300平方メートル。工期は19年9月30日まで。
 耐震改修の基本計画は川口衞構造設計事務所、基本・実施設計は丹下都市建築設計・久米設計JVが担当した。工事監理は久米設計が担当する。
 代々木競技場は、1964年開催の東京五輪のために建設された。躯体構造につり橋の技術を応用し、第1体育館は2本、第2体育館は1本の主柱から屋根全体をつり下げる高難度の「つり屋根構造」を採用。意匠設計は丹下健三、構造設計は坪井善勝、設備設計は井上宇市が担当。第1体育館は清水建設、第2体育館は大林組がそれぞれ施工した。
 第二体育館の耐震改修工事は、第4四半期(18年1~3月)に公告と入・開札を行う予定だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む