行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JR東海/新幹線保線管理、18年4月から新システム導入/各種図面作成を自動化  [2017年12月21日4面]

 JR東海は、東海道新幹線の保線管理システムを改良する。線路設備を構成するレールや枕木などの材料関連の情報や検査結果などを管理する同システムの更新を機に、タブレット端末の導入やメンテナンスに必要な図面作成の自動化など、新機能を組み込む。システム改良により、線路設備管理の作業効率の向上を図る。改良関連に約16億円を投じ、18年4月から新システムを導入する予定だ。
 システムの改良では、定期検査や修繕工事用調査時に計測したデータを直接入力できるタブレット端末を導入。入力作業の簡素化とともに、データの共通項目を一括管理することで、帳票間のデータ転記・確認作業の削減を図る。
 過去の検査結果や新幹線電気軌道総合試験車測定結果もタブレットから確認可能。現場に持ち出し可能なデータ量の増加によってデータ検索性能が高まり、作業で必要なデータ活用が容易となる。夜間作業が中心の保線管理業務ではタブレットに搭載されたバックライトにより、従来の紙よりも視認性が向上する。
 これまでは線路設備の修繕工事に必要となる各種図面を手作業で作成していたが、改良後はタブレット端末に入力したデータから自動作成を実現。紙類の使用量も削減できる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む