トップニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

2017年近畿の道路企画  [2017年12月26日]

 近畿圏は、首都圏に次ぐ経済規模を誇りながらも、道路ネットワーク整備の遅れなどから地盤低下が指摘されている。こうした中、12月10日に新名神高速道路の高槻~川西間が開通し、17年度末には神戸JTCまでの接続が予定されるなど、徐々にミッシングリンクが解消されつつある。近畿の道路企画では、橋本雅道近畿地方整備局道路部長に道路整備の現状や課題、今後の展望などを聞いた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む