工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

近畿整備局/淡路地区海岸ゾーン整備/Park-PFI活用へ市場調査  [2017年12月28日8面]

 近畿地方整備局国営明石海峡公園事務所は、淡路地区海岸ゾーン(兵庫県淡路市)の整備に国営公園初となる公募設置管理制度(Park-PFI)の活用に向け、マーケットサウンディング調査を行う。カフェなどの収益施設と園路などの整備を民間事業者が一体的に行うもので、18年1月12日に事前説明会・現地説明会を開催。同1月26日まで調査への参加申し込みを受け付け、2月下旬から3月上旬まで個別対話を実施する。
 国営明石海峡公園の淡路地区は「海辺の園遊空間」をコンセプトに、大規模土取り跡地の自然を回復させ、季節ごと多品種の花修景を楽しめる公園として整備・運営を行っている。
 調査の対象地は次期整備区域「海岸ゾーン」のうち、海辺の散策とショッピングを楽しめるエリア「シースケープ・ラウンジ」(約2・9ヘクタール)。海辺の開放的な空間を生かしたレクリエーションの場を創出するため、海辺の展望をテーマとしたレストラン・カフェ、物販や体験型サービスを提供する便益施設等の整備・維持管理・運営を民間活力を導入して行う方針だ。
 今回の調査では「Park-PFI」により想定する事業内容の市場性の有無や、事業フレームに対する民間事業者の意向などを事前に把握。参入しやすい公募条件や実現性の高い事業内容を検討した上で、今後の事業者公募の内容などに反映させていく。

コメント

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む