行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東日本高速会社、三菱商事ら/インド有料道路運営に本格参入/6路線延長400キロ  [2017年12月28日1面]

 東日本高速道路会社がインドの有料道路=写真=運営事業に本格参入する。三菱商事、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)とコンソーシアムを組成。有料道路7路線を保有・運営する現地企業の株式20%を取得し、事業参画することで基本合意した。それぞれの道路・インフラ分野の技術とノウハウを持ち寄り、運営事業の業務改善や付加価値向上などに取り組む。
 年明けにも事業参画に関する手続きや詳細調整を進める。コンソーシアムには日本高速道路インターナショナルも参加する予定。事業参画で合意済みの6路線の総延長は約400キロ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む