行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)で手斧始式/1年間の工事安全祈願  [2018年1月5日3面]

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮(雪ノ下2の1の31)で4日、この1年の工事の安全を祈願する伝統儀式「手斧始式」が行われた=写真。
 鶴岡八幡宮の手斧始式は養和元(1181)年、源頼朝が八幡宮造営時に行った「若宮営作始」が起源と伝えられ、現在では毎年1月4日に市内の建設業者らの工事始め式として行われる恒例行事となっている。
 神職の先導で二ノ鳥居から段葛を通って御神木(長さ388センチ、28センチ角)が運ばれ、下拝殿前の祭場に奉安。神職らが中世さながらの道具や所作で祭儀を執り行い、1年間の工事の安全を祈念した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む