人事・訃報

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

西松建設/社長に高瀬伸利取締役昇格/4月1日就任  [2018年2月1日1面]

高瀬氏

 西松建設は1月31日、高瀬伸利取締役兼専務執行役員関東建築支社長が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。経営陣の若返りを図り、18年度にスタートする新しい中期経営計画を着実に推進するのが狙い。近藤晴貞社長は代表権のない会長に就く。
 高瀬 伸利氏(たかせ・のぶとし)80年千葉大工学部建築工学科卒、西松建設入社。10年執行役員建築施工本部長兼建築部長、11年取締役兼常務執行役員建築施工本部長、12年取締役兼常務執行役員関東建築支社長を経て、17年4月から現職。東京都出身、60歳。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む