論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/住まいの改善で疾病予防  [2018年2月5日1面]

 東京都心では先月22日に最大23センチの積雪を記録し、その後も48年ぶりとなる氷点下4・0度を観測するなど強い冷え込みが続いている。大型寒波の影響でエアコンが不調になり、寒い朝を迎えた人も少なくないようだ▼朝の居間の室温が低いと動脈硬化が進むリスクが高まるとの調査結果がこのほど報告された。さらに、室温16度未満の家に住む人は、16度以上の家に住む人と比べ心電図に異常所見のある確率が1・8倍高いことも判明したという▼この調査は、住宅の断熱化が居住者の健康に与える影響を検証する国土交通省の5カ年(14~18年度)事業で行われた。建築環境工学と医学の専門家らが連携して取り組んでいる世界的にも珍しい研究である▼室温の低い家に住む人ほど起床時に高血圧となる確率は高くなるが、断熱改修後には血圧が下がることを確認。年齢や性別、生活習慣に応じて、起床時の室温から収縮期血圧(心臓が収縮した時の血圧)を推計できるモデルも作成された▼住環境の改善が疾病予防につながる可能性があるようだ。立春を過ぎても寒さはまだまだ。住まいから健康管理を見つめ直してみては。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む