技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鴻池組ら/MR活用のトンネル維持管理システム開発/ホロレンズで効率良く点検  [2018年2月5日3面]

ホログラムによる地質・覆工ひび割れ状況の表示例

 鴻池組は、ソフトウエア開発のインフォマティクス(川崎市幸区、三原正一社長)と共同で、複合現実(MR)技術を活用したトンネル維持管理システムを開発した。MR対応のウエアラブル端末を介し、3次元(3D)の地質展開図など維持管理に必要なデータを、ホログラムで実構造物に重ね合わせて投射する。覆工コンクリートにひび割れや漏水を発見した場合に、施工時のデータなどと見比べて、不具合の進展状況の確認や発生原因を推定することが可能となる。
 「トンネルMR」と呼ぶこのシステムは、マイクロソフトのゴーグル型仮想現実(VR)端末「ホロレンズ」を使用する。
 はじめに、2次元(2D)の設計・実施支保パターン、切羽観察記録、内空変位計測結果、覆工施工記録と3Dのひび割れ展開図、地質展開図、湧水展開図、削孔検層、支保部材などをホロレンズに搭載された小型コンピューターに登録しておく。トンネル坑内の覆工側壁部などに、約30~50メートルごとに情報を表示する位置を指定するための標識(ARマーカー)も設置する。
 ホロレンズを着用して坑内を点検しながら進むと、深度センサーや環境認識センサー、加速度計などが現在位置を特定。ARマーカーを読み込み、3Dデータを呼び出して坑内に投射する。映し出されたデータを基に、覆工コンクリートのひび割れや不具合の進展状況、設計や施工との因果関係を容易に確認でき、維持管理作業の省力化につながる。
 国土交通省中国地方整備局発注の「鳥取西道路気高第2トンネル工事」に適用し、MR技術の有効性を確認した。今後、国交省が推進する生産性向上策「i-Construction」の一つであるCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)との連携を検討していく。
 供用中の構造物は、構造物の複雑化や調査の時間的制約、排ガスなどで汚れた条件下で、前回の調査結果と見比べながら点検・調査を行わなければならない。MR技術を活用することで、現地で限られた時間内に効率的な点検調査を実施できる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む