技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

熊谷組ら2社/山岳トンネル施工を完全機械化/地山状況に応じ掘削方法変更  [2018年4月10日3面]

新KM21TMの施工イメージ

 熊谷組は9日、トンネル掘削機メーカーのJIMテクノロジー(川崎市川崎区、三木孝信社長)と共同で、完全機械化の山岳トンネル施工技術を開発したと発表した。トンネルボーリングマシン(TBM)1台で、土砂地山から中硬岩までのさまざまな地山条件の変化に対応。コンクリートの吹き付けなど支保工も自動化する。NATMと同等の施工コストながら、安全性と生産性が高められる。
 新技術は2002年に発表した「KM21TM」を進化させ、「新KM21TM」と名付けた。NATMに近い機構を備えた機械式トンネル工法で、開放型のTBMにより地盤改良や水抜きを行いながら掘削する。掘削断面は、円形に比べ無駄が少ない馬てい型にした。
 マシン前面にあるカッターヘッド背面の坑壁に、掘進と並行し自動でコンクリートを吹き付けるとともに、鋼製支保工を立て込む。早期の支保構築により、地山の緩みを最小に抑えられる。必要な場合は、ロックボルトの打設や二次吹き付けを行う。
 掘進のための反力に、下半に敷き詰めていくプレキャスト(PCa)インバートブロックを利用。足りない場合は、上半の吹き付け面にフレームを取り付け、これを反力にする。
 掘削に当たっては、地盤の強度に応じてローラーカッターとシェルビットを切り替える。硬岩が連続する区間はNATMで施工する。地下水が多い軟弱地盤は密閉型のシールドに切り替える。大深度・大断面・長距離の鉄道・道路トンネルに採用を提案していく。
 山岳トンネル工法は、人力に頼る部分が多く、熟練工の減少や切羽災害の発生が課題とされる。機械化施工のシールド工法は、機械本体やセグメントの強度に限界があり、大深度で使えない。そこで両社はシールド工法の機械化技術と山岳トンネルの施工技術を融合し、機械施工の適用範囲を広げることに成功した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む